ウィタードオブチェルシーについて「紅茶博物館」

ウィタードオブチェルシー

ウィタードオブチェルシーイメージ
ィタードオブチェルシーは「ベストの紅茶を提供する」という基本方針の下、紅茶の国と呼ばれるイギリスで1886年に誕生したブランドです。
現在ではイギリス本国に100店舗を誇り、老舗の紅茶専門店として紅茶の味の分かるイギリス人の間でも支持されている事が、品質が高い紅茶を提供し続けている証だと言えます。
ウィタードオブチェルシーの茶葉は日本では有名百貨店を中心に販売されており、通販などでも購入する事ができます。

ウィタードオブチェルシーの特徴

ウィタードオブチェルシーはインドにある6つの指定茶園から茶葉を仕入れており、ブレンドは極力控えて、ノンブレンドの茶葉本来の味を楽しむ為のダージリンティーなどを提供しています。
また、製造された茶葉のクオリティーを新茶に近づける為に茶葉をひとつひとつ手作業で包装している事でも有名です。
その他にもノンカフェインで作られた果物や花などをブレンドした紅茶も人気があり、4種類の茶葉を販売しています。

ウィタードオブチェルシーの代表的な商品は「ダージリン(ウィタード オブ チェルシー)」です。この茶葉はインド産の茶葉のみを用いており、マスカットの香りがクセになる、見た目にも美しいオレンジ色の紅茶ができる茶葉です。
イギリス人の最もポピュラーな紅茶の飲み方はミルクティーなのですが、このダージリンはストレートでそのまま飲む事を推奨しており、ストレートティーとして飲む事によって、紅茶本来のその繊細で優しい風味を感じる事ができるでしょう。