ティーカップ「紅茶博物館」

ティーカップ

茶を美味しく飲む為には紅茶専用のティーカップが必要不可欠ですが、どのようなティーカップが紅茶を楽しむのに向いているのでしょうか?
ティーカップには様々な形のものがありますが、基本的には紅茶を飲む為のティーカップは浅くて、口の広いものが良いとされています。
これは口の広いティーカップは紅茶の香りを十分に楽しむ事ができ、紅茶の魅力のひとつである、水色を楽しむ事ができるという理由からです。
このようにティーカップを選ぶ際にひとつの基準となる情報について以下にまとめていますのでご覧ください。

ティーカップの素材

紅茶は70度前後の熱い内に飲む方が美味しいとされるので、ティーカップは保温性の高い素材で出来ている事が望ましいと言えるでしょう。
その為、基本的には保温性の高い陶器や磁器が向いています。また、口に含む際の口当たりの良さも重要とされる為、紅茶用のティーカップは薄手のものの方が適していると言われています。

ティーカップの色

通常、ティーカップには西洋風の美しい模様が描かれていますが、内側に関しては紅茶の水色を楽しむ為にも色のついていない真っ白なものを選んだ方がよいでしょう。
また、ガラス製のティーカップであれば、陶器や磁器製のティーカップでは見る事ができない、横から見た紅茶の濃い水色を楽しむ事もできます。