ティースプーン「紅茶博物館」

ティースプーン

茶のティーセットの中には紅茶に砂糖やミルクなど入れた際にかき混ぜる為のティースプーンも含まれますが、このティースプーンもティーカップやティーポット同様に様々な種類のものがあります。
また、一般的に紅茶のティースプーンはコーヒースプーンよりも一回り大きく、一杯で約3g程度とされていますが、これはキチンとした規格として決まっている訳ではなく、ものによっては全く違うものもあるので、茶葉の計量用として使用する場合には一度、計って確かめてから使用するようにしましょう。

ティースプーンの素材

販売されているティースプーンの多くはステンレス製のものが多いようですが、その他にも漆やウレタン、オイルなどで仕上げた木製のものや、ティーカップに合わせやすい、やわらかい印象の陶磁器製のものなど様々なものが販売されています。
その他の特殊なティースプーンの素材としては銀メッキが施されたものや、銅や純銀、18金でできたものなど、とても高価な物もあります。

ティースプーンのデザイン

キャディスプーンほどではありませんが、ティースプーンにも実に様々なデザインを施されたものがあるので、自分の好みや、その時の気分、季節などによって使い分けると楽しいティータイムを一層、引き立ててくれるでしょう。