ジャワで生産されている茶葉は「ジャワティー」の名で日本でも有名ですが、その爽やかな香りとクセのない味わいが食事の際に飲む紅茶として特に人気を博しています。
ジャワの紅茶は火山性の窒素が多く含まれている土壌で栽培されており、土壌の性質もスリランカと似ている事から、ジャワの紅茶をセイロンティーと味わいが似たものにしているひとつの要因となっているようです。

ジャワのクオリティーシーズン

ジャワの茶葉は年間を通して栽培が行われていますが、7月~9月のインドネシアで言うところの乾季がクオリティーシーズンになります。
尚、ジャワのクオリティーシーズンに関しては特にないとされている場合もあり、その場合は主なシーズンは5月~11月までという形をとっています。
基本的にジャワの茶葉はオーソドックス製法のブロークンタイプで製造が行われていましたが、最近ではティーバッグ用にCTC製法を用いられて作られている茶葉もあるようです。

ジャワティーの飲み方

食事の際などに飲まれる事の多いジャワティーですが、スイーツやデザートなど、甘いものと一緒に飲む時は蒸らし時間を長めにする事をおすすめします。
蒸らし時間を長くする事で、味が濃厚になり、渋みが強くなるので甘い食べ物との相性がよくなります。
また、ジャワティーはストレートティーで飲む事が一般的ですが、ミルクティーやチャイなどにして飲む際にも甘いものと一緒に飲む際と同じように蒸らし時間を長くしたり、茶葉を増やすなどの工夫をすると、一層美味しく感じられる事でしょう。