ケニアの紅茶について「紅茶博物館」

ケニアの紅茶

ケニアイメージ
ニアは1903年にインドのアッサム種を植林し、紅茶の栽培が始まったとされていますが、実質的な栽培開始時期は1963年のイギリスからの独立後だと言われています。
ケニアは茶葉の栽培にとても適した気候であった為、茶葉の生産をはじめてから僅か数十年で茶園の広さは約11万ヘクタールに及び、世界有数の茶葉の生産地となってます。
そのケニアの茶園は標高1500~2700m程度の地域にあり、一年中気温が安定している事から茶摘みは一年中行う事ができます。また、摘み取って1~2週間後にはまた摘み取りができるほど茶葉の成長も早い事もケニアの茶葉の生産量の急激な増加に影響した事は間違いないと言えるでしょう。
現在では紅茶大国スリランカへの研修なども積極的に行っており、生産力の向上とともに品質の向上などもはかられています。

ケニアの茶葉の特徴

ケニアの紅茶はインドネシアのジャワティーと同じく、どんな食べ物にも合う、クセのないマイルドな香りと味わいが特徴です。
紅茶の水色がかなり濃い為、見た目は味の濃そうな印象をもちますが、実際に口に含んでみると、やや渋みは感じられるものの、非常にすっきりしていて飲みやすい紅茶だと言えます。こうのような特徴から、ストレートティーはもちろん、ミルクティーやアレンジティーなどとも相性が良い事がケニアの紅茶が世界中で愛されている理由の一つとなっているようです。
また、ケニアの茶葉はリーフタイプはほとんどなく、生産されている紅茶のほとんどがCTC製法で作られています。

クオリティーシーズン

ケニアの茶葉のクオリティーシーズンは雨季になる前の1、2月と乾季の中程の時期である7、8月だとされています。