紅茶にとって、水は非常に重要な要素のひとつですが、どのような工夫をし、どのような水を選べば美味しい紅茶を入れる事ができるのかを以下にご紹介していきます。

紅茶に最適なのは硬水?軟水?

水は含まれているミネラルの量が多いと硬水とされ、少ないと軟水になります。基本的にヨーロッパの水は「硬水」で、日本の水は「軟水」です。 一般的に硬水で紅茶を入れると水色が濃くなり、渋みや香りがマイルドになると言われており、軟水で紅茶を入れると水色が濃くならず、タンニンが結合しづらいので渋みも変わりません。
どちらかの水が紅茶には向いているという場合もありますが、基本的には好みの問題なので、両方飲み比べて、自分の好みに合った方を選ぶとよいでしょう。

ミネラルウォーター or 水道水

ペットボトルのミネラルウォーターを使う場合は沸かす前によく振るなどして、水の中に十分に酸素を含ませる事が大切です。
水道水で入れる場合にも同じく酸素を含ませる必要があるので、やかんなどに注ぐ際に勢いよく水を出すなどすると気泡ができ、酸素を含ませる事ができます。水道水では駄目だと思われている方もいらっしゃいますが、基本的には水の中に含まれているカルキを十分に取り除けるのであれば、水道水でも問題ありません。

お湯の沸かし方

お湯を沸かす際にはできれば1.5リッター以上の水を使い、水に含まれている酸素を逃がさないように注意する必要がある為、沸騰してお湯の表面が波をうってきたら、すぐに火を止めると良いでしょう。
なぜ、ここまで水に含まれている酸素の量を気にするのかというと、紅茶を入れる際のジャンピング運動は酸素が少ないと起こりづらいと言う理由からです。