ティーストレーナーとは日本の緑茶で言う所の茶こしのような役目を果たすもので、ティーポットから紅茶をティーカップに注ぐ際に茶葉がカップに入らないようにする為の道具で、紅茶を入れる為の3種の神器のひとつとされています。
現在、ティーストレーナーには手に持って使うもの、カップの縁にかけて使うもの、回転式のもの、ティーポットの注ぎ口に差し込むものなど様々なタイプのティーストレーナーが販売されています。
また、このティーストレーナーの起源は中国茶に入っていた細かいゴミをすくう為の穴のあいたモートスプーンと呼ばれたスプーンで、そのスプーンが紅茶の茶葉をこす為の道具として変化し、現在の紅茶専用のティーストレーナーが生まれたと言われています。

ティーストレーナーの素材

現在、販売されているティーストレーナーは殆どがステンレス製のものですが、中には陶器製のものもあるようです。
基本的にはステンレス製のもの

茶葉を入れて使用するタイプのティーストレーナー

通常、ティーストレーナーはポットからカップに紅茶を注ぐ際に茶葉をカップに入れないようにする為に紅茶をこす為の道具ですが、現在では様々な形式のものが考案されており、茶葉をステンレス製のスティック状の筒に茶葉を入れてから、お湯の中でスティックをかき回し、紅茶を作るものなども販売されています。
また、まるでティーバッグがステンレスで出来ているようなティーストレーナーもあり、こちらはその金属製のティーバッグに茶葉を入れてお湯を注いだカップにティーバッグと同じように浸して使うものもあります。

しかし、このような商品はティーポットに茶葉に入れてからお湯を注いだ場合と異なり、ジャンピングと呼ばれる対流運動などが起こらない事から、リーフタイプの茶葉など紅茶の成分が出にくいものには不向きです。
以上の理由から、ティーポットで入れる事を想定した茶葉を使う場合にはティーポットから紅茶を注ぐ際に茶葉をこすタイプの通常のティーストレーナーを使用した方が美味しい紅茶を作る事ができると言えるでしょう。

▼Amazonで販売中のティーストレーナー