シュガーポットとは紅茶に入れる砂糖を入れておく為の容器で、ティーセットの中では定番の道具のひとつとなっています。一般的には紅茶に使用する事の多い、角砂糖、またはグラニュー糖を入れる事が多いようです。
シュガーポットはティーポットやミルクピッチャーなどとセットで販売されている事も多いので、購入する際には特に悩む事はあまりないのですが、単品で購入する場合は他のティーセットと並べても違和感のないものを選ぶようにしましょう。
また、シュガーポットが使われ始めた時は砂糖は高価なものであった為、大きくて豪華なデザインのものが多かったのですが、時代共に変化していき、現在では小さめのデザインのものが主流となっています。

シュガーポットの素材

シュガーポットは他のティーセットと同じく、陶磁器製のものやガラス製のもの、金属製のものなどが主流となっており、ガラスと金属を組み合わせたものも多く販売されています。
シュガーポットは砂糖を入れておくという性質上、保温性や耐熱性などは必要ないので、素材は特に気にせずに自身の好みなどで選んでも特に問題はないと言えるでしょう。

シュガーポットのデザイン

シュガーポットのデザインはアンティーク系の古いものであれば、表面に派手な装飾が施されていますが、現在、販売されているものの多くは、陶磁器製で特に目立った装飾ない真っ白なものが多かったりシンプルなデザインのものが主流となっています。
しかし、他のティーセットと並べた時に違和感のないものであれば、どのようなデザインのものでもよいでしょう。

▼Amazonで販売中のシュガーポット