ハロッズについて「紅茶博物館」

ハロッズ

ハロッズイメージ
ギリスのロンドンに本店を構える老舗百貨店、ハロッズが販売している紅茶の茶葉のブランドです。
食料品販売業者としての創業は1849年にチャールズ・ヘンリー・ハロッドによって行われ、世界大戦後にはヨーロッパを代表する世界的な高級デパートにまで成長しました。
ハロッズの紅茶は有名なキャッスルトン茶園などのインドにある契約茶園などから仕入れられている茶葉から作れる約150種という豊富な品数と、安定した品質の高さに定評のあるブランドで、紅茶好きの間でも高い信頼を獲得しています。

ハロッズの特徴

ハロッズの紅茶はガーデンティーと呼ばれるひとつの茶園で生産された茶葉のみを使った商品が豊富に揃っている事が大きな特徴です。また、人気のフルーツティーも多く販売されています。
その味わいは爽やかな渋みとコクがあり、水色も濃い。ミルクティーが多く飲まれているイギリスのブランドという事もあり、基本的にはミルクティーにして飲む事を前提として作られているものが多いようです。

ハロッズの代表的な商品としてはまず「ハロッズブレンド No.14」があげられます。この茶葉はダージリンなど、4種類の茶葉をブレンドしたハロッズのベストセラー商品です。