中国の紅茶について「紅茶博物館」

中国の紅茶

中国イメージ
国は茶葉発祥の地であり、インドでアッサム種が発見され、栽培方法が確立されるまでは世界の紅茶の生産の全てをまかなってきた、紅茶発祥の地でもあります。その古い歴史を持つ中国の茶葉は大部分が手作業で作られていましたが、世界的な紅茶の需要の高まりに対応するのが難しくなってきた為、近年ではCTC製法なども取り入れられるようになってきたようです。
また、「キーマン」「ラプサンスーチョン」という有名な茶葉を生産している中国ですが、国内の中国人はほとんどの場合、紅茶ではなく緑茶を飲む為、紅茶用の茶葉は殆どが輸出用となっています。

キーマン(キームン)

中国を代表する紅茶といえば世界三大銘茶にもあげられている、このキーマンです。中国ではお茶といえば緑茶である為、自国ではあまり消費されませんが紅茶用の茶葉の品種は少ないのですが、このキーマンは国外の紅茶好きの人達を魅了しつづてけています。

ラプサンスーチョン

ラプサンスーチョンは大変、個性的な柑橘系の香りがするという茶葉で、その香りとオリエンタルな風味でイギリス人を虜にしていきました。なかでも特にグレイ・チャールズ伯爵は、このラプサンスーチョンに強く影響を受けたと言われています。