日本でも香水などで有名な「ラ・メゾン マリナ・ド・ブルボンですが、実は日本限定で紅茶の茶葉の販売も行われています。
紅茶の販売は日本のみであるにも関わらず、販売されている紅茶の種類は100種以上にも及び、全国にある8店舗にはそれぞれのオリジナルブレンドの紅茶もある事から、マリナ・ド・ブルボンの紅茶への力の入れ方を伺う事ができます。
元々、マリナ・ド・ブルボンはフランス王家の血を引く、「マリナ・ド・ブルボン-パルメ」によって創業されたブティックが始まりとされています。

マリナ・ド・ブルボンの特徴

マリナ・ド・ブルボンはアールグレイなどのオーソドックスなフレーバーティーをはじめ、花やフルーツなどの香りを数種類ミックスしたオリジナル商品がおすすめのラインナップです。

マリナ・ド・ブルボンの代表的な商品といえば、インドやスリランカなどの紅茶大国の茶葉を使用した「マリエ」がまず、最初にあげられます。
このフランス語で「結婚」の意味を持つ茶葉は名前のイメージ通りの甘酸っぱいフルーツの香りが特徴で、美しい紅色の紅茶を楽しむ事ができる、ストレートティーで飲む事を前提とした茶葉です。インドやスリランカの茶葉を使用している事から香り付けのフルーツもオリエンタルなものが使用されています。