ル・パレデテは1987年にフランス、パリのモンパルナスにおいて、50名の紅茶の専門家や紅茶愛好家が集まって創業された紅茶専門店です。
専門家と愛好家達がつくった「ル・パレデテ」はこれまでにない選び抜かれた高品質な茶葉を世界中から集める事によって、紅茶通をうならせるクオリティの高い茶葉を提供しています。
また、フルーツや花の香りを加えたフレーバーティーのラインナップが約50種類と充実しており、紅茶と緑茶のミックスなど、斬新なアイディアから生まれたブレンドも多くあり、現在、注目度の高いブランドとされています。

ル・パレデテの特徴

ル・パレデテは中国やインドネシア、ベトナムなどのアジア産の茶葉を始め、世界中の茶葉のブレンドティーが楽しめる事が大きな特徴です。
特に香りづけにこだわりがあり、ル・パレデテの茶葉は全て天然のエッセンスで香りづけされ、花びらやフルーツチップなどが主に使用されています。

中でも、このル・パレデテの代表的な紅茶のひとつといえば、インドのダージリン地方の隣接地帯であるシッキム地区にある農園の名前がそのまま商品名となっている商品「テミ」でしょう。
このテミは花のような優しい香りが特徴的な紅茶で、水色がライトブラウンという少し珍しいものとなっています。その味わいは上品でフルーティーな風味が口の中に広がります。

▼Amazonで販売されているル・パレデテ