ダマンフレールは1692年に時の権力者であった、フランスのルイ14世よりフランス国内における紅茶の独占販売権を賜ったブランドで、創業以来、フランスの紅茶をリードし続け、正にフランスの紅茶文化そのものと言える老舗の紅茶販売店です。
その老舗の枠を超えた独創性あふれるフレーバーティーは「ジャン・ジュモウ・ラフォン」という一人の人物の存在が非常に大きく影響して生まれたといわれています。
ジャン・ジュモウ・ラフォンが生み出したとされる、その紅茶はイギリスのアールグレイをフランス風にアレンジした「グールース」は当時としては革新的なものでした。
彼の生み出した、新しいフレーバーティーは世界中で注目を集め、ダマンフレールの名は瞬く間に広まっていきました。

ダマンフレールの特徴

ダマンフレールはその茶葉もさる事ながら、パッケージの黒地にワインレッドの縁取りがシンプルながら非常に目を引く、印象的で美しいブランドです。
また、その名を世界中に知らしめたグールースはNo.1の数字がパッケージに表記されており、その柑橘系の上品な香りは今尚、人気の商品です。
その他の商品としては、中国の緑茶に南国のパッションフルーツやパイナップルなどで香りづけをしたという挑戦的な商品、オリエンタル(No.2)や、ヨーロッパではジャムなどの材料として使用される赤スグリやラズベリーなどの赤いフルーツで香りづけを行った、その名もレッドフルーツ(No.4)などがあります。