セパレートティーはハッキリと分かれた層が見た目にも美しい、紅茶を使ったアレンジティーで、牛乳のまろやかな味わいと紅茶のスッキリとした味わいが混じり合った美味しい紅茶です。
また、氷の入ったアイスティーでもある事から暑い季節に飲むと更に美味しく飲む事ができます。

セパレートティーの材料(1人分)

紅茶の茶葉適量(ティースプーン2杯程度)
熱湯100ml
牛乳30ml
生クリーム10ml
ガムシロップ適量

作り方

1.ティーポットに紅茶の茶葉を入れて、熱湯を注ぎます。
2.ティーポットの蓋を閉めて、十分に蒸らします。
3.蒸らしている間に氷をグラスいっぱいに入れます。
4.ティーポットの紅茶をティーストレーナーを使ってこしながらグラスに注ぎます。
5.グラスにガムシロップを加えて甘さを調節し、よくかき混ぜます。
6.グラスに牛乳をゆっくりと注ぎ、最後に生クリームを表面に浮かべて完成です。

上記のレシピでは牛乳を使って、層を分けたセパレートティーですが、セパレートティーには牛乳を使ったもの以外にもジュースなどを使って層を形成するものなどがあります。
また、セパレートティーを作る際の注意点としては紅茶をグラスに注いだ際に紅茶の熱さで一気に溶けてぬるくなってしまう事を防ぐ為に、紅茶を若干冷ましてから注ぐのもよいでしょう。
また、最後に注ぐ牛乳も直前まで冷蔵庫に入れておくなどして十分に冷えたものを入れましょう。