アッサム風チャイはインドのアッサム地方で飲まれている「チャイ」というミルクティーで、イングリッシュミルクティーなどと同じく、代表的なミルクティーの種類として日本でも人気の高い紅茶のアレンジティーです。
チャイはミルクのマイルドな味わいと、スパイスの香りと刺激が混ざり合った魅力的な飲み物となっています。

アッサム風チャイの材料(1人分)

紅茶の茶葉適量(通常の紅茶を入れる場合よりもやや多め)
150cc
牛乳200cc
カルダモン2、3粒
ブラックペッパー2、3粒(又はシナモンスティックを適量)

作り方

1.小さめの鍋(又はミルクパン)に水を入れ、沸騰させます。
2.沸騰したお湯にスプーンの背でつぶしたカルダモンなど、用意したスパイスを入れます。(シナモンスティックを使用する場合もここで入れます)
3.スパイスの入った鍋の中のお湯に茶葉を入れます。
4.用意した牛乳を入れます。(牛乳の分量はお好みで調整されてください)
5.4で作った紅茶を沸騰させて、沸騰したら火を弱めます。そこからは吹きこぼれないように火から離したりしながら、色が濃くなるまで30秒~60秒ほど煮込みます。
6.十分に煮込んだら砂糖を入れます(やや多めに入れた方がチャイは美味しいとされています)
7.紅茶を入れる場合と同じく、ストレーナーでこしながらカップに注いで完成です。

チャイには様々マサラやミャンマーなど、様々なものがありますが、一般的に単にチャイと言った場合は、このアッサム風チャイを指す事が多いようです。
いつも飲んでいる紅茶を少し違う雰囲気で飲んでみたいと思われている方にチャイはおすすめできる飲み物です。