美味しい紅茶の入れ方「紅茶博物館」

紅茶の入れ方

茶は特にこだわらないのであれば、ティーバックなどを使用して簡単に飲む事ができますが、本格的な茶葉を使って、優雅で楽しいティータイムを満喫するには最低限の道具と知識が必要になってきます。
このページではその必要な道具であるティーセットと美味しい紅茶を入れる際の様々な知識や注意点などをご紹介していきたいと思います。

紅茶を入れる為のティーセット

ティーセットイメージ
美味しい紅茶を入れる為には「ティーポット」「ティーカップ」「ティーストレーナー」の3つが最初に必要になります。この3つのアクセサリーは紅茶の三種の神器と言われるほど、重要なものです。
その他のティータイムを楽しむ為のアクセサリーとしては茶葉を取り出す時に使う「キャディースプーン」や、ティーカップに添える「ティースプーン」、ポットに被せて保温する為の「ティーコジー」、砂糖を入れておく「シュガーポット」、ミルクティーを作る際に使用する「ミルクピッチャー」など様々なものがあります。
ティーポット、ティーカップ、ティーストレーナー以外は代用品があれば最初は十分なので、初心者の方はまず、 ティーポット、ティーカップ、ティーストレーナーの3つを揃えて、その後、必要に応じてその他のティーセットも揃えていきましょう。

紅茶を入れる為の「水」

水イメージ
紅茶を入れる際には必ず「水」が必要になりますが、「硬水」「軟水」などの水の違いで明らかな味わいや香りの違いで出たりする事も、紅茶を飲む上ではひとつの楽しみになります。
また、やかんに水を入れる際のテクニックやミネラルウォーターを使う際の注意点など、水には紅茶を美味しくする為の要素が沢山あります。
水についての情報は以下のリンク先ページにてまとめています。

紅茶を入れる際の基本的な知識

ジャンピングイメージ
ティーポットにお湯を注ぐ際にはポットの中で茶葉を回す、「ジャンピング」と呼ばれる茶葉の対流運動を起こす事によって、茶葉が開き、一層、美味しい紅茶を作る事ができます。
その他にも使用する茶葉の量についての情報など、紅茶を入れる際の基本的な知識について下記のリンク先ページにてまとめています。

ミルクティーの入れ方

ミルクティーイメージ
ミルクティーはちょっとした手間を加えて、基本的な入れ方をマスターすれば、更に美味しく飲む事ができます。