紅茶の効能「紅茶博物館」

紅茶の効能

茶にはタンニン、カフェイン、アミノ酸や各種ビタミンなどの各種栄養素が含まれている事から、ただ飲んで美味しいだけでなく、さまざまな健康効果・効能をもたらしてくれます。
その具体的な紅茶の効能について、以下にまとめていますのでご覧ください。

ダイエット効果

紅茶は緑茶などと同じくカロリーを含まない飲み物である為、たくさん飲んでも太らない上に紅茶に含まれているカフェインを取ったあとに運動すると皮下脂肪が先に燃焼すると言う効能があるとされています。
また、紅茶に含まれているタンニンは中性脂肪を分解するという効果があるので、肥満を抑制する効能が期待できます。

消化を助ける

食後に紅茶を一杯飲む事によって、紅茶に含まれているカフェインの効果で胃液の分泌が活発になるとされており、食べ物の消化を助けてくれます。
また、紅茶にはリラックス効果もありますので、食後のリラックスした時間も演出してくれる事でしょう。

風邪の予防効果

紅茶に含まれているカテキンには殺菌及び抗菌作用があり、風邪やインフルエンザなどのウィルス性の病気の予防するなどの効能があると言われています。
尚、濃い目に入れた紅茶でうがいをするなどすれば、一層、感染を予防する効果があります。

目の疲れを軽減する

紅茶に含まれているビタミン類とカテキンは、疲れた目に効果があります。しかし、この場合は飲むのではなく、使い終わったティーバッグなどを冷蔵庫などで冷やしておき、十分に水気をきってから、まぶたの上に乗せるという方法になります。これは目の疲れを解消するだけでなく、程よい冷たさが暑い時期には特に心地よく、爽快感を与えてくれます。